人材育成の重要性

人材育成のための研修講師の探し方

会社にとって人材育成は避けて通れない課題です。経営成績に即役立つ研修も必要ですが、長い時間をかけてじっくり人材育成を行うこともまた必要です。 こういった人材育成のための研修を有効なものにするには、いい講師を選ぶ必要があります。社内から講師を選ぶ方法もありますが、企業研修を専門に請け負っている研修会社に依頼して講師の紹介を受ける方法が一般的です。研修会社の推薦講師から、その講師の経歴や資格など吟味の上最終的に会社が決定するというのが基本的な流れです。 人材育成の研修を成功させるためには、その講師の人間性も非常に重要です。講師の役割は知識を教えることよりも大事なことがあるのです。企業側も講師の決定をする前に、その講師に会ってその人間性を確認するケースもあります。

人材育成に行われている集合研修やeラーニング

企業は人材育成のために、多くの時間と費用が掛けて社員を育てています。 新入社員は、入社時に導入研修として、ビジネスマナーや仕事の進め方、専門知識の指導が行って、配属先で戦力として活躍するための基礎知識を身に付けます。入社して数年経った社員には、リーダーシップ研修として、プロジェクトを推進し周囲を巻き込んで大きな成果を生み出すための人材育成を行います。 入社10年以上経っている社員に対しても人材育成研修は行われており、専門的なスキルを身に着けるための研修や、管理職を目指す方向けのプロジェクト管理、人材育成、コスト管理に関する研修があります。その他にも、積極的に女性の活躍を推進させるために、産休・育休制度取得者向けのものや、女性社員を部下に持つ管理職のための研修が行われます。